TOP >> ピンクレディー「ペッパー警部」

ピンクレディー「ペッパー警部」

1976年、今では伝説となっているあの「ペッパー警部」で

デビューをしたピンクレディーのお二人。

 

 

月日の経つのは早いもので、

あれから既に35年以上経過してしまいましたけど、

 

今この曲を聞いても決して古い、

いわゆる懐メロ的な感覚って無いんじゃないでしょうか?

 

 

それはやっぱり何といっても

大御所の阿久悠(作詞)・都倉俊一(作曲)の

コンビの作品だからかもしれません。

 

さらに、キラキラ光る生地のミニの衣装で手足を極限まで露出し、

リズムやビートの効いた激しい曲調に合わせて

 

大胆に太ももの開閉を繰り広げる激しくセクシーなダンスも

現在のパフォーマンスとしても決してかび臭いものではありませんね。

 

 

日本テレビのオーディション番組

「スター誕生」でグランプリを獲得し、

 

その後のデビュー間もなく

子供から大人までの幅広い支持を獲得して

 

ピンク・レディー人気は瞬く間に

日本中のお茶の間に浸透していったのでした。

 

アイドル全盛だったあの頃に、

他のライバルたちを跳ね除けて頂点を

 

極めたとも言えるピンクレディーには、

当然のごとく多くのミリオンヒットを獲得したのです。

 

 

●UFO

1977年12月5日/155.4万枚

 

●サウスポー

1978年3月25日/146万枚

 

●ウォンテッド

1977年9月05日/120.1万枚

 

●モンスター

1978年6月25日/110.2万枚

 

●渚のシンドバッド

1977年06月10日/100.0万枚

 

 

ざっとこれだけでも600万枚を超えているのですから、

まさにモンスター級のアイドルですね。

 

 

ここで、ピンクレディーの二人の

プロフィールも見てみましょう。

 

・ミー

現在の芸名は未唯mie(みい)

本名:根本鶴代(ねもとみつよ)

1958年3月9日 生まれ

A型、静岡県静岡市葵区出身

 

・ケイ

現在の芸名は増田恵子(ますだけいこ)

本名:桑木啓子(旧姓:増田)(くわきけいこ)

1957年9月2日生まれ

O型、静岡県静岡市葵区出身

 

 

学生時代からの友達関係だったふたりのコンビ。

 

1976年8月25日「ペッパー警部」でデビュー

 

1981年3月31日に解散

 

その後2005年までに期間限定として4回再結成をくり返します

 

2010年には、解散宣言からちょうど30年後の9月1日に

ユニークな「解散やめ!」を宣言

 

そして2011年5月からは本格的再始動開始しています。

 

 

《着メロでおすすめのピンクレディーの歌》

 

・モンスター

 

・ウォンテッド(指名手配)

 

・渚のシンドバッド

 

・カルメン'77

 

・S・O・S

 映画「ヒーローショー」エンディングテーマ

 

・ペッパー警部

 

・サウスポー

 「高校野球大会(甲子園)」より

 

・UFO

 日清「日清焼そばU.F.O.」CMソング

 

メニュー

小さなお葬式